創作理論

小説創作

読者からの「厳しい感想」を小説書きはどのように受け止めるべきか

ブログの運営やウェブ小説の投稿を長いことしていると、時折、読者の方からご感想をいただくことがある。 それは大変ありがたいことで、多くのコメントは僕にとっても励みになるものであるが、なかには作者に大きな精神的ショックを与える類いの感想も...
小説創作

カクヨムのGoogle Analyticsはウェブ小説の運営戦略に革命をもたらす

先日、Web小説界にひとつの革命が起きました。 カドカワの小説投稿サイト「カクヨム」に、作者がGoogle Analyticsを設定できるようになったのです。 繰り返しますが、これは革命です。何を大げさなと思われるかもし...
小説創作

第2回カクヨムWeb小説コンテストに投稿した話と「読了率」について

月初めになると「今月はブログで◯◯PVを獲得して◯◯万円の収入が出ました!」という定例報告会のようなもので界隈が活気づく。PVはそのサイトが閲覧された回数のことを指し、ウェブコンテンツの《人気度》を表す指標としてよく用いられる。 PV...
小説創作

出典無き名言集サイトと、正しい「引用」についての話

正しく「引用」する名言集サイトをつくったら儲かると思うんやけどね。 つくると言っても簡単で、偉人の名言のあとに出典書籍のAmazonアソシエイトリンクを貼り付けて、引用元ページ番号を記載してくれたらそれだけで良いんや。 ...
小説創作

小説のキャラクター設定を7枚のタロットカードに託す方法

小説のキャラクター設定がどうしてもうまくいかない。 魅力的なヒロインが書きたいのに、出来上がるのはいつも薄っぺらい紙人形だ。彼女の心は、剝いても剝いても中身がない玉ねぎの涙で出来ていて、時折「べ、べつにあんたのことなんて好きじゃないん...
小説創作

とある小説家志望が、自分の殺した《遊びの神》を生き返らせる話

1.「好きなことで生きていく!」の重さ 「好きなことで生きていく!」 YouTuberのキャッチフレーズって《重い》と思わへん? 《好きなことで》に係る《生きていく》の部分が、《仕事》や《人生》といった言葉を連想させるんや...
Webビジネス

ひとの心を打つ記事は「たったひとつの伝えたいこと」のために全力を尽くす。

これは小説を書くときの創作理論なのやけど、およそブログにも当てはまるので紹介してみようと思う。結論はタイトル通り。 ひとの心を打つ記事は「たったひとつの伝えたいこと」のために全力を尽くす。  ライフハック記事の与える『満足感...
小説創作

ライトノベルもケータイ小説も太宰治も、文学として馬鹿にはできない。

やほー! はてなブックマークでライトノベル論が話題になっとったから、これはうちとしても取り上げざるを得ない。 「ライトノベルは質が低いのか?」はTwitterの創作クラスタでもしばしば、殺伐とした創作理論合戦に発展するん...
小説創作

恋愛小説の告白シーンでは『愛してる』よりも、『私、目玉焼きはソース派なの』と言わせる方が簡単である。(創作理論)

ふょょ……純愛小説を書いているのですが、なかなかうまく書けませんね……。   ふふ、マキちゃんもしかして、告白シーンで『愛してる』なんて台詞を使ってないやろね。恋愛小説で『恋』とか『愛』とかいう言葉を使うのは、自爆行為やで。   えっ、...
小説創作

自分でもドン引きするくらいに小説が書けなくなったとき(スランプ)の脱却法

とき ふぇぇ 筆がぜんぜん進まへん。 今朝、通学路を歩いてる時に「こんな面白い話を思いつくなんて、俺って天才じゃね?」と飛び上がりたくなるような物語のネタが閃いたんや。 せやけど、帰ってき...