VOICEROID起動時の「暫定ライセンス認証エラー」の対処法

先日VOICEROID周りで困ったことがあって、自己解決したので対処法を紹介したい。

1.VOICEROID起動時のエラーについて

今まで何も問題なく使えていたのに、VOICEROIDを起動すると次のようなエラーが表示され、ソフトが立ち上がらなくなる。

『ライセンス認証に失敗しました。暫定ライセンスを含むライセンスが見つかりません。』

僕の場合は、VOICEROID+ 琴葉葵&茜のダウンロード版でこのエラーが発生したが、東北きりたんや弦巻マキなど、他のソフトを使っている人でも同じエラーが出たとの報告がツイッターにあがっていた。

おそらく、Windows 10を使っている人がこのエラーに悩まされているのではないかと思う。

2.エラー対処方法

とくに再インストールや再起動は必要ない。対処法は次のとおり。

Cloud Protection & Licensing Solutions | Thales
The world relies on Thales to protect and secure access to your most sensitive data and software wherever it is created, shared or stored. Whether building an e...

上記リンクのSafeNet社のページにアクセスする。

Sentinel HASP LDK – Windows GUI Run-time Installer』を選択する。

するとダウンロードページに飛ばされるので、ページ最下部の『I Accept』のボタンを押して、インストーラーをダウンロードする。

zipフォルダを解凍して、そのなかの『HASPUserSetup.exe』を実行する。

インストール完了後、VOICEROIDを立ち上げると問題が解決されていることと思う。

3.対処方法の意味と安全性について

僕も詳しくは知らないのだけれど、VOICEROIDをはじめとするソフトウェアの不正コピーを防止するために、ライセンスをチェックする認証ドライバーがあるらしい。

で、このドライバーが古いバージョンのままだと、Win10のアップデートか何かがあった際に、ソフトを起動できなくなってしまう。

そこで、VOICEROIDの認証ドライバーとして使用している『Sentinel HASP LDK』の最新バージョンをインストールし直すことで、問題が解決されるという話。

じつはこの対処方法は、VOICEROIDの制作メーカーである株式会社AIのFAQで紹介されている。

→ Windows10で使えますか? | 株式会社AI(エーアイ)

しかしながら、エラー内容で検索をかけても肝心のこのページが引っかからない。とりあえず困っている人の助けになればと、備忘録も兼ねてブログ記事にした。

お役に立てれば幸いである。

追伸

手前味噌で恐縮だが「VOICEROIDで小説原稿の会話文だけを読み上げさせたい!」と思ったときに便利な、会話文抽出機(小説推敲支援ツール)という無料ツールをこのたび作った。どんな長文原稿であっても、会話文の中身だけを抽出できる。

上記サイトには他にも創作支援系のツールを各種置いているので、時間のあるときに使っていただけたら嬉しく思う。

(了)

ブログ
当記事の執筆者
五条ダン

研究対象は《ナメクジオバケ》。「現実は甘くない。だからこそ甘さが必要である」をモットーとする。修辞技法(レトリック)の分析を得意とし、文体に重きを置く創作スタイルを好む。しかし筆速はナメクジの歩みのように遅い。

五条ダン(管理人)をフォローする
タロットプロット創作研究室